講演会の火を消さない

未分類

新型コロナウイルス感染症対策は、人々に新しい生活様式を要求しました。密にならない、密閉、密集、密接、そしてソーシャルディスタンスという考え方。残念ながら熱気を帯びた講演会を開くには難しい環境です。
音楽、落語、伝統的な芸能、すべて新しい生活様式に対応が求められました。きっと大きな講演会はなんらかの対策が練られ、広い施設に適切な人数だけ集めるなり、オンライン化をするなりして実施されるのでしょう。しかし、日本中にある市民会館を借りて、公民館の会議室で、さらに小さな規模の講演会は火が消えそうな状態です。
Thinkcast TV(シンクキャストティービー)は、大きな講演会から、小規模な講演会まで、オンラインに最適化し、接触機会を増やすようアナウンスを行い、これまで講演会を行ってきた団体を無償でサポートするとともに、シンクキャストティービー独自の講演会を企画、実行し、新しい生活様式に合致した講演会を行います。
シンクキャストティビーは、毎月1,000円の継続型クラウドファウンディングにより運営されます。コーヒー2杯分で支援でき、講演者、講演を支えるファシリテーターに支援されたお金は分配されます。
シンクキャストティービーの掲げる、「講演会という知的文化の火を消さない」にご賛同いただき、ご支援頂ければ幸いです。

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

関連記事はありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。